FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
どんより日
この湿度・・・
たまりません。
自律神経もやられますわ・・

ウチはまだ、冷房のお世話になっていません。
我慢できるのであれば頑張ろうといったところです。

自分のやりたいように、好きなことを好きなだけ。
という考えが、地球温暖化に結びついていると思ってます。
かと言って、
我が家がこまめに電気を消したり
水を垂れ流しにしないよう気をつけたり
リサイクルできるものをそのように扱って、出したり
したところで、
どうなんかな。とも思いますが、
こんなちっちゃいアリンコのような地球生物が
できることなんて、この程度。
この程度が積もり積もって
社会を動かすことができるのだろうと考えます。

ちょっと前まで、主人も
私がやれ「水を出しっぱなしにしないで歯を磨いて」とか
「廊下の明かりをつけっぱなしにしないで」とか
言うと、
「セコい・・・」という顔で
むっとしていましたが、
さすがの主人も子供ができてから、考え出したようです。
口うるさく言うのも、甚だ気が引けますが、
大事なことだと自身に言い聞かせて
せめて私の周りにいる方々に
理解して頂きたいと思ってます。
スポンサーサイト
【2006/06/28 10:27 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ジューンブライド
先週末で、慌しく撮影&ヘアメイク&ネイルの
仕事も一段落しました。

やはりジューンブライドに憧れる女性は沢山いらっしゃるようです。

しかし、この時期、日本は梅雨・・・

ガーデンウェディングを計画されていたお客様には、
スタッフ一同
「どうか、雨は降らないで~~」
と、てるてる坊主を10個繋げて、飾ったりしました。

その甲斐あってか?! 先週は降りませんでした

私達、出張撮影に携わるカメラマン達は
女性だということもあり、
撮影技術もなかなか評判もよく(手前味噌だぁ)
朝から夜まで、どったんばったんでした。
キャンセル待ちでもいいからとおっしゃって下さった方。
ありがとうございます。
そして、ごめんなさい。
結局、夜の2次会パーティだけ撮影させて頂いたり・・・
(いい写真、沢山ありますよ!)

メイクさん、お疲れ様です。
打ち合わせからリハーサル、そして本番まで。
お客様のご要望に笑顔で応えられ、
美しい花嫁さんを作ってくれました。
この念入りな打ち合わせ&リハがあってこそ、
お客様の不安を解消できるのだと思ってます。

ネイルさん、ご苦労様です。
夜遅くにお客様のご自宅で、しっかりケア、マッサージ、カラーリング
をして、
即座に引き上げていく。職人気質ですわ。
花嫁さんは前日まで、慌しく、
本番前夜の「シャワーをしてから、ネイルしてね」
の要望に応え、そこからの一途な仕事っぷり。
見ていて、ほぉう~~と 感心してました。

そんな女性ばかりのアートミューですが、
これからも頑張っていこうね。
この時期、終わったら、お疲れ様会しましょう!
【2006/06/27 10:29 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
メディアチルドレン
前回公聴したお話の中で
「メディチルドレン」というワードが出てきました。
そのまんまなのですが、
いわゆる
TVや
ビデオ
パソコンなど、
メディア機器を使って、それを育児としている親の子供だそうです。

例えば、
子供にビデオばかり見せて、親は別の事をしている。
ビデオを育児材料としていることです。

子供が
「あんぱんまんが見たい」もしくは、
まだ「あんぱんまん」という単語が出る事もない乳児に
親が
「あんぱんまん」のビデオをずっとつけて
子供に見せ続けることです。

なんか、あんぱんまんとか、ディズニーとかって
子供に夢を与える?優良アニメのような気がしていましたが、
「あんぱんまん」がいけないのではなく、
それを親の育児放棄に繋げている状況がよくないらしいです。

子供をテレビ漬けにすると、
成長過程の子供の発信地は、一方的に情報を送り続けるメディアとなり、
実際に人間と触れ合うことが、苦手と感じ出したり、
人と向き合った時に恐れをなす性格になったり、
お話を面と向かってしているのに、
焦点が合わない子供になったりしてしまうらしいです。

いつも、子供はメディアの情報を常としているので、
生身の人間に対してもバーチャル的な見方しかできなくなって
しまう恐れがあるとのこと。
素人考えでも、そうなってもおかしくないなと危惧します。

かくいう私も、息子が夜泣きでほとほと気力体力限界の時、
朝方の3時、4時に
ディズニーのパレードをつけっぱなしにして、
それを見ている息子の横で、40分間熟睡していた、ということが
ありました。

ご立派な親なんて、いないと思います。
一体、何をもってご立派なのか、私には分かりません。
その棒引きは、子供がどこまで成長したら、どこまで立派になったら、
親の役目終了と、下がることができるのか。
結局、親は、子供が親になっても、
いいおばさんや、おじさんになっても、
子供はいつまでも子供なのだと思います。

でも、一番大事な時期は
やはり触れ合うことができる子育ての時期かな。
親を求めてくれて、親がなくては、生きられない時期かな。
と思います。
メディアチルドレンにしないように、
心豊かに育っていけるよう、
締め直さないといけない気持ちになりました。
【2006/06/25 15:44 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
終わった
終わってしまった・・・

玉田が決めたとき、「おおぉぉ~~!!」って
早朝の日本が揺れた気がしたのに。

激励はしたくない心境ですが、
世界はとてつもなくデカいと思いました。

私の息子は4時に目覚ましをかけて、
目をこすりながら応援していましたが、
(玉田のゴールでは泣いていた)
3点入れられた時点で、死んでしまった。(また寝た)

こんな小さな子供達にも世界のプレーとはこういうもんだと、
勉強させてくれたのは、やはり日本がリーグに乗ったからだと
思います。

お願いだから、柳沢に卵をぶつけるのはやめてね。
【2006/06/23 07:46 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
読み聞かせのすすめ
先日の講演で、著名な先生がおっしゃった。
「子供にTVばかりを見させ、読み聞かせをしてあげない
親を悪魔と呼びます」
とな・・・

その後、「こどもに読み聞かせてほしい本」のリストアップを
渡された。
膨大な数だった。
このリストは先生個人の選択ではなく、日本の文化を継承されて
きた著名な大学教授から国語教師に至るまで
幅広く考察して作り上げたリストなんだそうです。

私も大変興味深く
拝聴させて頂きました。

読書づけに子供を育てるのではなく、
心豊かに育てていくことは、
これからの日本にとって重要だと思います。
あまりにも殺伐とした事件が多いから。
こんな世の中で、
私達親が死んだ後でも
子供達は心豊かに、美しく育って欲しいと願います。

色々お話をお聞きしたので
少しずつですが、内容を書いていきたいと思います。
なかなか芯のつかれるものですよ。
【2006/06/22 10:44 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
横浜ズーラシア
横浜にあるズーラシアという動物園行ったことがありますか?

日本で初の檻に入れていない動物園で
動物の生態をかい間見ることができるのです。
といっても、サファリパークとは違うし、
北海道の旭川動物園のように、客受けするわけでもなく、
何だか中途半端なような・・・


DSC00257.jpg

           こんな感じでゴリラがいたりする


DSC00259.jpg

           ライオンもいい感じでいるが、雄は居ない。
           雌が雄の取り合いにでもなるので、
           雄を近づけないのだろうか。怖・・・

アップダウンが結構ある動物園なので、
日頃の体力がものをいいます。

ヒイヒイ言いながら、孫を連れて来ていた
おじいちゃま、おばあちゃまは気の毒だった。
一生懸命、上り坂をベビーカーを押しながら登る
おじいちゃまの横で、
嫁だか娘だかが、ソフトクリームを食べてた。

都心から1時間弱で行かれる動物園ですが、
アップダウンの激しさからか、小さな子供は段々と
文句を言い出し
やれ「暑い」だの
「疲れた」だの
「喉かわいた」だの
「痛い」だの
・・・・・・・・・・・・

ゆっくりと一日掛けて、行かないと
「オカピー」までたどり着けません。
【2006/06/19 10:53 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
明けても暮れてもサッカー
今朝のイングランド戦見たかな。
ぬぉぉ~  やっぱりベッカムってやるんだな。
私生活ではあんなんだけど、
あんなんになっちゃっただけで、
芯はスポーツマンでサッカーの事を愛してやまない男性だと思うけど。

なんだか、今週は殺界に入ったような
嫌~~な一週間でした。
どうして?こうなんのぉ?ってな事が沢山あって、
想定外でした。
準備万端に攻めていても、守っていてもこうなることはありますね。
でも、相当ショゲました。
こういう時は、密かに事を起こさずにやり過ごすのが、
一番いいのかもいれませんが、
仕事はそうはいきませんものね。

頑張ります!!

日本代表も頑張って下さい~~!!!
心の底から応援三昧です!!
【2006/06/16 11:21 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
勝つしかない
もう勝つしかない。

がむしゃらに行って欲しい。

かっこいいサッカーなんてしなくていい。

1対1になった時、死に物狂いになって
血相かえて、ボールを奪って欲しい。

圧力に負けないでほしい。

エリート意識は捨てていい。

昨夜は、みんな泣いただろうな・・・

私も叫んでしまった・・・

「やめてぇぇ~~!」  と、
2点目を決められた瞬間に、恐ろしくて
目を開けていられなかったわ。

頑張って!!!

日本中で皆が釘付けになって
応援してます。

サッカーは戦場だと
ジーコ監督も言ってましたが、
その通りだと思いました。

少しでも気を緩ますと、
相手に打たれてしまう。

サッカーというスポーツを通して、
子供達も自分の人生を組み立てたりしてます。
決して、一時のお祭り騒ぎじゃないということを
次のクロアチア戦で、
知らしめて欲しい。
【2006/06/13 13:58 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
きたぁぁぁ!!日本戦
待ちに待った、ワールドカップの初戦。
ああ、待っていたよぉぉ

小学生の子供の給食も、今日は
ワールドカップこんだて で、
何がでるのかお楽しみ~~ みたいなノリで。

いいぞ。
実にそのノリがよろしい。

イングランドを応援している方々も多いと思いますが、
(やっぱりイケメン揃いだもんね。私とて、そう思う)
やはり日本代表を心の底から応援したい!!
日本男児の生き様を見せてやるがよいっ。

しかし、そんな風潮を苦々しく思っている輩も
確実にいる。
ウチの妹である。
「一体何なんだ。このお祭り騒ぎっぷりは
と、昨日もげんなりしていた。
彼女は全く、サッカーが分からない。
ルールも複雑な所があり、ただシュートを決めればいいじゃんと
思っているので、オフサイドなんて
「はぁぁぁ~~?」
という感じ。
そういう輩には、この時期あまり面白くもないだろうね。
どこ行ってもサッカー、サッカーで・・・
この際、いい男ワールドカップでもいいじゃないか。
イングランドには粒揃いのイケメンもいることだし
       (また言ってる)
と、どうにかこうにか、気持ちをワールドカップに持っていかせようと
している私もいじましい。
そう言うと、妹は
「ベッカムなんて全然興味ないよ!」と怒る。
やはりベッカムしか知らない。

そんな彼女には憂鬱なワールドカップらしい。
【2006/06/12 10:49 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)
梅雨はカメラマンもキツい
東京も梅雨明けしましたね。

これから毎日、こ~んなどんよりとした天気で・・・

主婦として一番、気をもむのが洗濯です。
洗濯物は梅雨だからといって、待ってはくれない。
容赦なく毎日どっさりと溜まっていく代物ですわ。
雨の日の洗濯物は、どうやらリビングに干すのが
一番乾きやすいと言ってましたが、
何かリビングに、洗濯物がどぉぉって、嫌よね。
かと言って、乾燥機は繊維的に傷んじゃったり
じゃあ、どないすんねんってことです。

また仕事でも、カメラマンは大変重い機材を
えっさほいさと運ぶので、
傘を持っていると非常に辛い・・・  そう思います。

またヘアメイクアーティストも
車付きのメイクケースをがらがらと引きづって行くので、
びしゃびしゃに濡れてしまいまんがな。
                  それもそう思います。

私はアーティストではないので、
それらの荷物を持って移動することもないのですが、
スタッフが辛い思いをするのは、私も辛い。
そして何より、
現場に行くまでに、雨だとテンションが下がってしまう。
それはいけません!

ということで、梅雨の打開策の一つとして
タクシー利用も大雨に限り可  ということにしてます。

本当は、車はご法度なんだけど。
渋滞に巻き込まれたら、時間が読めず
遅刻をしてしまう可能性があるからです。

お客様との約束で、まずは何より
時間を守ること。
遅れることは決してあってはならぬこと。
が、アートミューの一の訓なので、
決して許される事ではないとスタッフ一同認識してます。

時間にだらしのない人って、友人関係でも信用がおけないですよね。
信用できない人に、打ち解けることはできないと思います。
しかも商売で
そんなことはあってはいけないのです。
最初が肝心。

人同士のお付き合いは、まずは
「安心できる?」
「信頼しても大丈夫かな」
という疑問符から入っていくようなところがあるかと思います。
その最初の第一歩が
時間だと思ってます。
【2006/06/11 16:51 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ペディキュア
6月にも入ると、ミュールで出かける機会も多くなりますよね。

て、ことで私も
撮影屋アートミューで抱え込みしている優秀なネイリストに
(LAからネイルの研修を受け帰ってきたばかりの)
お願いしました。
DSC00264.jpg

       小汚い足でごめんなさい

私はピンクが大好きなので、
だいたいピンクをベースにアートしてもらうか
フレンチにするか
ストーンを入れるか、してもらいます。

アートミューのネイリストは、皆女性であることは当たり前ですが、
自宅に来てもらい、ネイルをしてもらえるので
ネイル後の気遣いが不要です。
ネイルが乾くまで(1時間以上)、外出先でネイルが取れないか
気を遣って歩いたり、どこかでじっと時間を潰したりって、
時間の無駄じゃないですか。
主婦なんて、やって頂いたら、さっと何かに取り掛かりたいと
思います。
ご自宅だったら安心して、家事などもできるし、
何よりもリラックスできる場所でネイルをしてもらったほうが
効率的だと思ってます。
そんな物理的な利点があり、
しかも、私がいつもしてもらっているペディキュアは
1ヶ月はもつので、経済的です。
せっかくネイルしてもらったのに、すぐ取れてしまうなんて
悲しいですものね。

梅雨に入り、夏にはぜひとも
可愛いペディキュア&ハンドネイルを!!

アートミュー:URL http://www.artmiu.com
【2006/06/09 11:39 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ビューティコロシアム
昨夜、放送された「ビューティコロシアム」を
子供達と食い入るように見てしまいました。

少し、目が小さいからと言って
子供の頃からイジメに合い
犬のウンチを顔に投げられるなどと聞いて
息子は
「信じられないよ~」と、本気で憤慨してました。
実際に容姿如何で、そんな目に合うものなのか。
信じられないというのが本音で、
人間の尊厳を人間が踏みにじっているのだと苦い思いがよぎりました。

私も子供達も、前回の放送で釘付けになった
「フランケン」と呼ばれていた女性が忘れられなかったので
今回、その後を取り上げられて
「ああっ、彼氏もできたんだねぇ」
「ああっ、タクシーで乗車拒否されずに乗れるね」
とか、嬉しいというか安心したという気持ちで一杯になりました。

その彼女が東京で就職するというじゃないですか。
それとも、東京本社に面接に来て、地方の支店で働くのか・・・
定かではないけど。
私はとっても応援してます!!

撮影屋アートミューは、いつでもアナタの美しさを
撮影しますよ。
と、ここで変なアピールをしてしまった。(恥)
堂々と、代々木公園や駒沢公園で撮影してもいいじゃないですか。
ディズニーランドでミッキーやぷーさんと撮影したり、
美しい場所で、いっぱいいっぱい写真を撮って、
思い出を沢山残して欲しいなと
心から思います。

女性に限らず、人間に生まれてきたからには
ちゃんと訳があるのだと思います。
人それぞれ、お役目が違いますが、
生きてこそ、貢献できる何かがあって
幸せになる権利があるのだと思います。

どうぞ頑張って下さい。
いつまでもその幸せが続くように・・・
心の底から応援しています。
【2006/06/07 07:51 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
ファミリー居酒屋
子供のサッカーを応援しに出かけると
あっという間に6時近くになってしまうので
私達と、そのサッカー友達家族は、
ちょいちょい「一杯ひっかけて帰るか」と
実際、何杯かひっかけて帰ることがあります。

居酒屋といえば、親父達が仕事帰りにちょっくら寄ったり、
庶民の憩いの場となる「居酒屋」ですが
最近は、ファミリーでわっさわっさと利用しているようです。
子供メニューも充実しているし、
居酒屋でもドリンクバーなるものが出現し
子供達は、コーラとカルピスとオレンジジュースをミックスした
「緑色に近い茶色の飲み物」を作り
「結構イケるわ」と飲んでたりしてます。

そんな私達がよく行くお店が、
ファミリー居酒屋 天狗です。
天狗はチェーン店で、あちらこちらで見かけますが、
何故、ここの店舗は看板に「ファミリー居酒屋」と銘打ったのか。
やはり、家族の囲い込みを目的としているからだと思います。
実際、土日の夜などは、
6時に行ったとて、もう満席。
ほとんどがおチビちゃんを連れたファミリー層です。

この陽気になってくると、生ビールは美味いっ

大人の場所として、地位があった居酒屋も
今は、ファミリー化してきているようです。
やっぱり小さなお子さんが居ても、生ビールは飲みたいし、
ファミレスじゃ、つまみも充実していないし、
居酒屋が何よりですものね。

となりのお座敷では
おばあちゃま軍団が、詩吟を熱唱してました。
そんなごった煮居酒屋が、子連れしている私は好きです。

【2006/06/05 11:45 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
リフレクソロジー
久々、隙間時間にリフレクソロジーに行ってきました。

私は寝る前には、歯医者さんから教わった
「糸ようじ」の先(丸っこいほう)で
足裏をぐいぐいと押します。
へたしたら1時間はやってる・・
そんな足フェチです(意味違うか・・)

知っての通り、足裏には身体の臓器のツボがたくさんあるので、
刺激されている気はします。
ふくらはぎのむくみも楽になるし。

そのリフレクソロジーの「RAJA」は、しっかりとした
マニュアルがあるので、セラピストにあまりハズレがないです。
接客という商売にも重点を置いているので
お客様に対する一言にも気を遣っているのが分かります。
私達、アートミューにも当てはまりますが、
お客様に対する一言や、その声を発する時の笑顔や
お客様の心内などを敏感に感じ取って、受け答えするよう
心掛けてます。
女性が多い商売なので、同性だから受け止められる心の中を
コーディネートしなくてはいけないと日々思っています。

そんな「RAJA」ですが・・・
久々、右足親指先を押された時
「どぉぉおぉぉぉ~~」
ときました。
「イタキモ」マッサージですが、
足がすっきり、内臓もしゃっきりする気がする。

どうやら、足指の先のツボって
頭のツボらしいです。
「頭を使っていらっしゃるお仕事をなさってますね」
と、セラピストに言われましたが、
「いや、いや・・」
お恥ずかしい・・・
私、コンピューター系でも何でもないです。
もしくは、
ちょっと頭を使っただけで
ストレスまでどっかんとかかる程、ちびっと脳みそなのかも・・・
まぁ、いいか。
気持ちよければ。

【2006/06/03 14:07 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
熱狂運動会
週末の雨で、運動会が平日に流れました。
平日だというのに、じいさま、ばあさま、父親まで、
皆さん、集合して・・・
さすが。この学校への意気込みを感じました。
DSC00267.jpg

勝負を挑んだら、絶対勝つと決めて
クラス中でそれぞれが
リレーでも、棒倒しでも
かなり作戦を練るらしいです。

私の息子クラスは、リレーのリハーサルで
ダントツの一位だと聞いていたので
親共も「そうか、そうか」と
ほくそえんでましたが
結果、蓋を開けてみると
ダントツのビリでした。

なるほどね。
人生なんて、そんなもん・・・

親の応援も、それは熱狂的な学校なので、
それぞれがチームカラーのTシャツを作ったり、
サンバイザーや、なんやら、
とにかく身につけるもの全てをチームカラーでまとめます。
多分、公道を歩いている人から見たら
危ない連中に見えるかも・・・

私も熱狂的な性質なので
G1レースさながら叫びまくりました。


DSC00268.jpg


そして親対抗の綱引きでは
大人がアホみたいにムキになって
「勝ったるわ!」と
必死で綱を引くので
腰抜かしたり、腱鞘炎になったり、
訪れるであろう筋肉痛で
翌日は動けないという有様・・・
それでも、爽快感がある。らしい。
私を含めて・・
何か、必死でやるっていうのは、
現実的にあまりなくなってきたご時世で
一瞬の輝きなのでしょうね。
【2006/06/01 14:26 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。